消費者金融選びの重要ポイント

キャッシングをする際に気になるのが金利率ですが、金利が高い、低いといった点だけで業者を選ぶ判断材料にならない事もあります。低金利だが希望金額の借入が難しい、逆に希望金額の借入はできるが金利は高くつく、というように業者によって条件は様々です。そこでまずは原点に戻って考える事が大切です。

 

「お金を借りる目的・いくら必要なのか」を明確にし、キャッシング業者を選択する時には、金利率だけでなく、目的と希望額の双方が叶う業者を選択しましょう。金利が高い場合でも、目的をかなえるための希望金額が借入できるのであれば、希望に沿った業者を選ぶべきです。

 

キャッシングは金利だけに注目しない

キャッシングは、定期的な収入がある人が一時的に要りようになった金額を借りるために利用する場合が多いのですが、キャッシング業者によって借入可能な金額や金利、条件なども異なります。

 

高い金利で借りるリスクも高くなるが、希望に沿った金額を貸してくれる業者もあれば、低い金利でリスクも低く安心だが、希望よりも借入できる金額をある程度妥協せざる得ないという業者もあります。ここで大切なのは、金利の高さ、低さだけに注目せずに自分の使途、目的、金額に合った業者を選ぶことです。

 

キャッシング金利・数字の見方とは

具体的な数字を挙げるとすると、カードローンの金利は4.0%〜15.0%のように一番低い金利率から最高金利の範囲で数字が表記されています。希望する借入額や、過去の借入履歴など、その人の状況などによってどの金利が適用されるかは異なります。

 

また初めて借りるといった場合、最初から多額な金額を金額を借りることはできません。ここで適用される金利の値も、最高金利の数字が適用される傾向が高くなります。借入金額によって適用される金利は異なりますので、まずは最高金利が適用されるというように考えておくと良いでしょう。

 

借入金額の額と適用される金利の範囲がどのように変わってくるのかを事前に確認しておくと、更に得するキャッシングが可能になるはずです。

 

例えば500万円といったような大きな借入金額の希望が通る人ほど、確実な収入や年収の高さなど、返済能力が高いと認められている人です。このような人には、最低金利が適用されています。その一方、一般的な利用者が借りる額といえばだいたい10万円から30万円の範囲です。

 

この金額の範囲で融資を受けたいという人は非常に多く、その場合は、最高金利の数値に注目しておきましょう。一般的な小額金額の借入であれば、最低金利が適用されることは少ないので、「最高金利がどれだけ低いか」という点がポイントになります。

 

キャッシングの無利息期間について

一定の期間中は金利を免除してくれるサービスが展開されているカードローンも多くあります。この無利息期間で借入できるサービスをお得に利用するには、返済予定の期日までにまとまった収入が見込める場合に申し込むのがポイントとなります。来月の給料日になればまとまったお金が手元に入るが、その前にどうしてもお金が必要、といった場合に役立つサービスといえます。
返済期日までにお金を返せば利息がつかないのですから、利息のつく借金をしたというよりも、給料を少し前借したという感覚に近くなるのではないでしょうか。
ちなみに、無利息期間が終了してしまいその期日に返済ができなかったとしても、その後は通常通り元金+利息分といった形で返済していくことになります。無利息期間中に返済が完了しなかったとしても、今後ローンが組めない、罰則がある、といったようなことはありません。キャッシングが初めてという人にも安心して利用できます。

おすすめ消費者金融ランキング

アコム

アコム
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし

公式サイトへ

モビット

モビット 新規申込プロモーション
キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 4.8%〜18.0% 500万円 なし
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし

公式サイトへ

プロミス

プロミス
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間※
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 ○※

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

公式サイトへ