消費者金融の審査に通過するための重要ポイント

急にお金が必要になった時に便利なキャッシングやカードローンですが、借りる際には審査がありますので、審査に通りやすいよう知っておきたいポイントがいくつかあります。

 

キャッシングの申込みで気を付けるポイント

 

複数の金融機関からの借り入れ

新規でキャッシングを申込む際に最も気を付けたいのが、他の金融機関での借り入れです。特に注意したいのが、既に借り入れを行っているキャッシングに返済の遅れがある場合です。どうにかしてはじめの借り入れ分を返済しようと他の金融機関を利用したい気持ちは分りますが、お金を貸す側からすれば、返済に遅れがあること自体不安材料になりかねず、結果的に審査に通らないということが多いようです。

 

また、複数の金融機関で借り入れを行っている場合は、たとえ延滞等の問題が見られなくとも金融機関が返済能力を判断して借り入れを行わないことがあります。複数の金融機関を利用している人の中には、それぞれの借り入れ額が少ないから大丈夫だろう、と考えている人が少なくないようですが、お金を貸す側にとっては借り入れ額よりも、何社からも借り入れなければならない状況にある、という点を重視して審査をすることを知っておきましょう。たとえ他の金融機関の審査に通ったとしても、複数の金融機関から借り入れるとその分支払う利子も増えて行きますので、しっかりと返済計画を立てて利用するようにしましょう。

 

キャッシング申込書類の記入

 

キャッシングを申込む際には必ず申込書に必要事項を記入することとなります。用紙に直接記入する場合であっても、オンライン上で入力する場合であっても、特に気を付けたいのが、記入ミスをしないことや、偽った情報を絶対に書かないということです。

 

誰にでも記入ミスというのはありますので、金融機関によっては少しくらいの間違いであれば訂正してくれるところもあります。しかし、うっかり記入ミスしたことが審査結果を左右することにもなるため、記入の際には必要事項に正しく記入ができているか再度確認することが大切です。

 

銀行系の金融機関からキャッシングする場合

一般に、銀行系の金融機関は消費者金融系よりも借り入れの審査が厳しいとして知られています。そのため、消費者金融で申込んだ際に審査が通らなかったという人は、銀行系の場合も審査に通らない可能性が高くなることを覚えておきましょう。

 

銀行系の金融機関から融資を受ける場合、特に気を付けたいのが複数の金融機関からの借り入れです。消費者金融ではそれほど問題にはならないようですが、他社からの借り入れがある状態で融資を申込むと、銀行系は審査に通らないことがよくあります。返済の延滞があったり、過去に同様の問題があったという場合でも審査に大きく影響しますので、十分理解した上で申込むようにしましょう。

 

最近はインターネットの普及に伴って、オンラインからの申込みや審査が可能なキャッシングも増えています。しかし、お金を借りる際には自分に合ったキャッシングを探すことはもちろん、しっかりと返済プランを立て、無理なく借り入れることが大切です。

おすすめ消費者金融ランキング

アコム

アコム
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし

公式サイトへ

モビット

モビット 新規申込プロモーション
キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 4.8%〜18.0% 500万円 なし
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし

公式サイトへ

プロミス

プロミス
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間※
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 ○※

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

公式サイトへ